◆ 英クラシックFM: 20世紀最高のバレエダンサーべスト10

aokiuva
トップペー ジ
The ten greatest ballet dancers of the 20th century by Deborah Bull from Classic FM
 
英 国の著名なラジオ局、クラシックFMが2014年 に公表した20世紀最高のクラシック・バレエ・ダンサーベスト10のリストです。当リストは世界的に著名な元バレリーナのデボラ・ブル 氏が選定し、女性6人と男性4人から成る歴代クラシックダンサーベスト10です。
........................................................................................................................................................


「踊りは私が天から賜ったもの、私の命です。神さまは、世の中の方々を歓ばせようと、私にこの贈り物をくださいました。ですから、私は踊らなくてはならないという思いに、いつもとりつかれております。自分の家の稽古場で練習していると きも、誰もいない真っ暗な舞台の上にたたずんでいるときも、ライム・ライトを浴びて観客の前に立つときも、どの時をとっても、この思いは同じです。踊ると き、私は自分の肉体を意識しておりません。私と踊りは一体になります。まるで魔法の旋律が私をとりこにしてしまったように、私そのものがリズムになってし まうのです。偉大な生命を謳歌するあの宇宙のリズム、それと自分との合体です。踊りは私の生命、人生です。私はこれ以上の生きるすべを知りません。踊り は、あらゆる感情、つまりこの世の、あるいは超自然的な感情の、最も純粋な表現方法です。踊りは幸せと同意語です。」by アンナ・パヴロワ
※引用: マーゴ・フォンテーン, 訳)湯河京子 文化出版局 1986 『アンナ・パヴロヴァ 白鳥よ、永遠に』本中より
 
・23歳の若さで旧ソ連から亡命し、その 後バレエ界の頂点そして長年君臨し続けた男性ダンサーについてフランス人ジャーナリスのB・ メヤ‐スタブレ氏は端的に表現してますね。
「ルドルフ・ヌレエフ(1938-1993)はニジンスキーと並び、20世紀で最も偉大なダンサーである。その業績はオペラ界でマリア・カラスが成し遂げ たことに匹敵する。端正な容姿、才能、名誉、富。運命は人生を駆け抜けた男にすべてを与えたように見える。ダンサー、振付家であった彼は、同時にダンディ な冒険家であり猛烈な勢いで世界中を駆け巡った。30年にわたり彼一流の方法を貫き、世界中の舞台に登場しジェット族の集まる社交界にも姿を現した。バレ エ界の帝王と言うべきスターは強大な権力を持つ一方、気まぐれでわがままな男だった。」※1
 そして彼の舞踊については、デビッド・スコラセ氏が興味深く述べてますね。「ルドルフ・ヌレエフには観る者を興奮させるような磁力と閃光があり、さらに 動物の、まるでヒョウのような刺激的な動きに、観客は魅了される。もし彼が出演した 『海賊(Le Corsaire)』の映像をみれば、彼の肉体美に圧倒され、剛健さと鋭敏な感覚を持ちえて、類をみない卓越したジャンプで表現する彼のダンスに目と心を 奪われるだろう。」※2 
 
さらにヌレエフの舞踊の深層を探るとすれば、メヤ‐ スタブレ氏が述べているように、「ルドルフ・ヌレエフの芸術の秘密とは・・・。この男は野蛮でありながら桁はずれの熱情を抑制し、完璧なクラシックの規範 に従い、人間嫌いでありながら順応した。ヌレエフの秘密は比類なきプリエや着地、柔軟性の才能でも、アントルシャやジャンプやアラベスクをすることでもなく、ステッ プやジャンプを巧みにつなぎ、空間の中で一連のリズミカルな動きを構成し、最後に微動だにしない至高の技を見せることにあった。より優れたアントンシャや アラベスクを見せるダンサーはいるだろう。しかし完璧につながった"ファエナ(牛を死に導く闘牛の最終段階)"を構成できるダンサーは彼以外いなかっ た。」※3のでしょう。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
※「」1&3引用:ベルトラン・ メヤ‐スタブレ, (訳)新倉真由美, 文園社2010『ヌ レエフ 20世紀バレエの神髄 光と影』本中より
※「」2引用:"Fonteyn and Nureyev: The Perfect Partnership"  BBC 1983 訳)アオキヒロシ
 
・クラシック・バレエ界で最高峰にのぼりつめ、その後、俳優へと才能を広げて、バレ リーナであるレスリー・ブラウン氏の自伝的映画『愛 と喝采の日々(1977)』に出演し、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたミハイル・バリシニコフがリストインしてますね。ダンスの技術面だけなら彼が歴代トップかもしれませんね。当リストのゲル シー・カークランドと共演した《ア メリカン・バレエ・シアター バリシニコフの「くるみ割り人形》で終盤にそれぞれにソロで踊るシーンは見ものです。
 
英BBC選:史上最高のソプラノ歌手トップ10,20 英クラシック FM 選:  史上最高のピ アノ協奏曲ベスト20 
英BBC選: 史上最高の指揮者 ベスト10,20  テ レグラフ選: 史上最高 のバレリーナベスト10+   英ガーディアン: 史上最高のダンサーベスト10
英BBC ミュージック選: 史上 最高の交響曲ベスト 10,20 英グラモフォン選:史上最高のバレエ音楽レコードベスト10 他の人・物ランキング一覧



歴代シジョウ最 高サイコウのバレエダンサーベスト10 10 greatest ballet dancers of 20th c.

アー ティスト
Artist  (Birth-Death)


ヴァー ツラフ・ニジンスキー Vaslav Nijinsky (1889-1950)



ア ンナ・パヴロワ 
Anna Pavlova (1881-1931)



ガ リーナ・ウラノワ
Galina Ulanova (1910-1998)



 ル ドルフ・ヌレエフ Rudolf Nureyev (1938-1993)



マー ゴ・フォンテイン Margot Fonteyn (1919-1991)



ミ ハイル・バリシニコフ
Mikhail Baryshnikov (1948-)



ナ タリア・マカロワ
Natalia Makarova (1940-)



アン ソニー・ダウエ ル
Anthony Dowell (1943-)



ゲルシー・カークランド
Gelsey Kirkland (1952-)



シ ルヴィ・ギエム
Sylvie Guillem (1965-)



---------------------------------------------------------------------------------------------
※資料&参照文献:"The ten greatest ballet dancers of the 20th century" classicfm 28 October 2014, Updated: 6 January 2017.
https://www.classicfm.com/discover-music/periods-genres/ballet/greatest-ballet-dancers/

.
Google
.
....................

.


 写真ポスターを見るにはここをクリック
                        






 
.
.


. .
 





.
ウィキペ゚ディア百科事典 YouTube:Japan フェイスブック ツイッター
他の検索サイト:  yahoo - infoseek - msn - goo - excite   

免責事項
このホームページ上の情報内容に関して、 その内容の正確性、完全性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害に ついて一切の責任を負いかねます。
 また、このホームページ上の 広告の内容に関しては、その一切の責任は広告主及びリンク先サイトの運営者にあります。
このホームページ運営者にはその責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

Copyright ©2018 Hiroshi Aoki. aokiuva.com All Right Reserved.